大都会ならではの戸建てスタイル

少子高齢化でこれから人口減少が起こると懸念され、地方では特に深刻な問題となっている中、東京や大阪を中心とした大都市では、その地方からの流入による人口の増加が見られます。その要因のひとつはやはり雇用と収入が大きく、高校や大学を卒業後、就職先として地方都市ではなく大都市を好む傾向があります。この大都市の人口増加は不動産にもかなりの影響を与えます。なぜなら、人口密度は都市の過密度も表し、住まいの在り方や価値観そのものに影響してくるからです。都市は過密になれば不動産の価格の上昇にもつながります。そして、土地には限りがあるので、地方都市のように広々とした敷地に住宅を建てること自体が難しくなるのです。それは結果的にマンションを住む方の増加にも繋がっています。しかし、マンションよりも一戸建てを求める方はたくさんいます。その問題を解決するように、近年注目されているのが狭小住宅と呼ばれる住まいです。狭小住宅とは文字通り、一般的な住宅に比べてコンパクトにまとまっている住まいのことです。これだけの情報だと、単なる狭い住宅にとらえてしまい、大きな魅力を感じないかもしれません。そこで、狭小住宅が注目されている理由や魅力について詳しくみてみましょう。狭小住宅について知れば、自分のライフスタイルにピッタリの住宅になりうるかもしれません。メリットやデメリットなども合わせてみてみましょう。

東急リバブルの情報はこのようなFacebookページから得る事ができます。